地域に信頼され、愛される病院をめざして奉仕の精神でつとめます。

医療法人 浩然会 内村病院-精神科・心療内科

求人情報

TEL.0984-23-2575

FAX:0984-22-6442
外来受付 月~金 8:00〜11:30・土 8:30~11:30
(土曜は再診のみ、日・祝祭日は休診)

最近のブログ

過去のブログ

スタッフブログ

☆梅雨&てるてる坊主の話☆

2020.06.15

作業療法課 part5

近頃は蒸し暑い日や雨の日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか。

6月といえば「梅雨」。宮崎県も平年より1日早い5月30日に梅雨入りしました。

今回は、「梅雨」の由来と「てるてる坊主」について紹介したいと思います。

 

--------------------------------------

「梅雨」の語源は中国にあり、中国から「梅雨(ばいう)」という読み方で日本に伝わったそうです。

確かに天気予報等で「梅雨前線(ばいうぜんせん)」とよく聞きますね。中国にも「梅雨」があるということですね。そして、江戸時代に入るころになると「梅雨(つゆ)」という読み方になったそうです。

では、「梅の雨」と書いて、なぜ、「梅雨(ばいう)」と読むのか・・・。

その語源についてはいくつかの説があり、最も有力な説は、この6月~7月の時期に「梅の実が熟す時期」にあることから、それにちなんでこの名前が付けられたという説です。

病院内の梅も熟れており、先日デイケアの皆さんで梅干し作りやシロップ漬けを作っていました。

--------------------------------------

もう一つ。

みなさんは、♪あ~した天気にしておくれ~♪でお馴染みの「てるてる坊主」を作ったことがありますか?「てるてる坊主」は、「坊主」というのだから男の子かなと思っていたのですが、調べてみると女の子だそうです。

そもそも「てるてる坊主」は、中国の掃晴娘(そうせいじょう)と呼ばれる人形をした切り紙を門に貼って晴れを祈る風習から来たとされています。

その理由としてこんな話があります。

昔、中国の北京には『晴娘』と呼ばれる賢くて美しい娘がおり、ある年の6月に大雨が降り続いて人々が困っていた時に「大雨が止みますように」と晴娘は天に祈りました。
そしたら、天から「東海龍王の太子の妃になれ、でなければ北京を水没させる」という声が聞こえ、晴娘はその声に従って天へと昇って行ったのでした。
すると、空は雨雲を箒(ほうき)で掃いたように晴れていきました。
それ以来、切り紙の得意だった彼女を偲んで、雨の日が続くと紙で『掃晴娘』を作って吊るすようになったのそうです。

その切り紙がこれ↓です。「てるてる坊主」の元祖でもある『掃晴娘』も何だか可愛いですね。

次回は7月にブログ更新します!お楽しみに~(^^)/

 コメント(0)

☆5月は祝日が多いですね☆

2020.05.18

作業療法課更新‼ R2 part5

日本人に1年のうちで1番好きな月を聞くと、「5月」が上位にくることを知っていますか。

その理由として圧倒的に多いのがゴールデンウィークの存在です。

予定がある人もない人も休日という事で日頃のストレスからの解放感で一杯になりますよね!

残念ながら、今年は新型コロナウイルスによる自粛で、お出かけすることなく自宅で過ごされた方も多かったのではないでしょうか。

来年のゴールデンウィークこそは満喫したいですね♪

ちなみに「ゴールデンウィーク」という言葉は、映画会社が創った宣伝用語だそうです。

 

5月は祝日が多い月ですが、祝日の名前が分からなくなってしまうことありませんか?(^^;)
例えば、「5月4日は何の日?」・・・みなさん直ぐに答えられますか?

答えは、「みどりの日」でした。平成元年から2006年まで4月29日だったみどりの日。昭和の日の新設の為に2007年からは5月4日になりました。自然に親しみその恩恵に感謝する日ですが、年齢を重ねるにつれ緑の大切さを実感します。
前回のブログで「園芸」について掲載しましたが、緑って気持ちが落ち着きますよね。森林浴を始め植物を見るだけでほっとします。
だから、部屋の中にも観葉植物を置く人が増えたり、植物を育てる人も多いのではないかと思います。

ちなみに、私は本当に忘れていました(笑)

他にも、「みどりの日」の前日5月3日は、「憲法記念日」

日本国憲法が、昭和21年11月3日に交付され、昭和22年5月3日に施行されたことを記念して、昭和23年の5月3日に祝日として「憲法記念日」が制定されました。

そして、5月5日「こどもの日」は、男の子の健やかな成長を願う祝日です。
鯉のぼりは、鯉が滝を上り龍となる登竜門の語源であり、池や沼でも生き抜くほどの生命力にあふれている事等から、立身出世の象徴とされています。また鎧兜は、身を守る象徴から交通安全など含めた子供の体を守るという意味合いを持つそうです。
女の子の可愛らしいひな祭りとは対照的に男の子のお祭りはやはり猛々しい感じが強いですね。

そして、何といっても忘れてはいけない、5月の第二日曜日「母の日」

日頃お世話になっている母への感謝といたわりを表わすこの日。お母さんはとても身近な存在で、一番親しい存在でもありますよね。子どもの頃は身の回りのことをやってもらってもそれが当たり前と思っていたり、時にはけんかをしたり暴言をはいた覚えはありませんか。

既に過ぎてしまった上記の祝日ですが、今一度、緑に親しんだり、お母さんに感謝の言葉を捧げてもいいかもしれませんね。

5月の半ばも過ぎましたが、5月は暦の上では夏の始まりを表わす立夏もあります。日差しが強くなり、日照時間も長くなって春が終わり夏を感じさせる月でもありますので、熱中症などに気をつけて過ごしていきましょう(#^^#)

 コメント(0)

☆花満開~園芸~☆

2020.05.07

作業療法課更新‼ R2 part4

5月に入り、本格的に暖かくなってきましたが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?

連日「新型コロナウイルス」のニュースが続いていますが、道端や近所のお庭などでは沢山の花が咲き乱れており「綺麗だなぁ」と感じています。

今回は、各病棟に咲いている花壇の花やプランターの花を紹介したいと思います。

今季節に多く咲いている「ツツジ」が駐車場や病棟中庭に咲いていました。

「ツツジ」は、漢字で「躑躅」と書くそうですが、難読ですね・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

5病棟のプランターのお花(パンジー等)も多く咲いています。

 

 

「芝桜」も地面一面に咲くと、とても綺麗ですよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「僕はこの花が好きです」と好きな花も人それぞれ。

つぼみから開花まで日頃から観察されている方や、

毎日中庭の花壇を見に行き「綺麗だねぇ」と呟いていらっしゃる方もいます。

そして、花を窓越しに眺めながら「ここからの眺めが一番」と物思いにふけている方も・・・(^^♪

花を育てる事には、認知症予防やさまざまな効果があるようです。

また、種から育てることで、芽が出たり花が咲いたりするたびに喜びを感じると、「幸せホルモン」と呼ばれるオキシトシンが分泌されます。このホルモンが、免疫力を向上させる働きもあるそうです。

皆さんも自宅に広い庭やベランダがなくても、室内で鉢植えの花を育てるだけでもよいので「園芸」に取り組んでみませんか?

 

 コメント(0)

☆マスク作ってみませんか☆

2020.04.07

作業療法課更新‼R2 part3

最近のテレビのニュース番組は、「新型コロナウィルス感染拡大」の内容が殆どですね。

桜も満開を過ぎ、散りつつあるこの頃。いかがお過ごしでしょうか?

様々なイベントも自粛になり、お花見を控えた方も多いのではないかと思います。

 

1ヶ月前からマスクが買えない状況が続き、備蓄していたマスクも残り少ない方も多いと聞きます。

そこで、布マスク製作を作業療法で行っています。

 

 

裁縫に慣れていても、作り慣れていない物を作るのは夢中になりますよね。

マスクの型紙は、ネット上に多く掲載されていますので、是非みなさんも作ってみてはいかがでしょうか?

今では、ハンカチ1枚で縫わずにマスクが作れる方法や両面テープを使用せずに作る方法もネット上で紹介されていますよ(^^)/

 

自宅でDIYに取り組む方も多いようですが、当院患者様もマスク以外に「お人形作り(タオル生地使用)」「キーホルダ作り(流行りのレジン使用)」「ティッシュカバー作り(部屋が明るくなります!)」等、様々なモノ作りに取り組まれています。

 

自宅で過ごすことが多いこの頃、皆さんも「モノづくり」にチャレンジされてみてください(^^♪

 コメント(0)

令和2年のふれあい祭は中止に~コロナウイルスの脅威~

2020.03.10

ブログ更新2

久しぶりのブログ更新ですが、残念なお知らせが・・・。

新型コロナウイルス感染拡大を受け、患者様ならびに来場者様の健康および安全を最優先に考慮し、今年5月に予定しておりました「ふれあい祭」開催を中止させていただくことになりました。

昨年は悪天候の為ため急遽中止となり、「今度こそは!」と意気込み、準備も進めていた矢先に残念です。

楽しみに心待ちにされていた方々も多かったのではないかと思います。

来年(令和3年)こそは、盛大に開催できたらと願っています✨(*’ω’*)

 

ここからは、「ふれあい祭」中止となり、猛威を振るっている「新型コロナウイルス」の感染経路の一つである「エアロゾル感染」について紹介したいと思います。

 

コロナウイルス…「コロナが!」「コロナのせいで学校が休校に」と周りでは短略して呼んでいたりしますが、報道ではその感染経路の一つとして「エアロゾル感染について言及していました。

 

エアロゾル感染って何だろう?聞いたことないけど…」
こんな疑問を持つ方がほとんどだと思います。

まず、感染症の感染経路は大きく以下の4つに分けられます。

➀ 空気感染

水分が無い状態でウイルスや細菌が空気中に飛び出し、それらを吸うことで人に感染するものを指します。

➁ 飛沫感染

唾液などの分泌物によって水分のある状態でウイルスや細菌が空気中に飛び出し、それらを吸うことで人に感染するものを指します。空気感染との違いはざっくりと水分を含むか含まないかですね!

➂ 経口感染

ウイルスや細菌を含む食べ物を生で食べてしまったり、感染した人が触った食べ物を食べてしまったりすることで感染するものを指します。口を経由するため、「経口」というわけですね!

➃ 接触感染

皮膚や粘膜の直接的な接触であったり、物体を触ることによっての間接的な接触により、ウイルスや細菌が付着することで人に感染するものを指します。

 

「では、コロナウイルスの感染経路で挙げた、

エアロゾル感染はどれに当てはまるの?」

中国当局が発表したエアロゾル感染についてのコメントの中では、
「飛沫が空気中で混ざり合い、これを吸入して感染するもの」と表現されています。

要は、空気感染もしくは飛沫感染のような意味合いで使われているわけですね。

しかし、定義を調べたところ、実は学会などでも正式には定義されていないのが現状です。

ただ、エアロゾルについては「気体中に浮遊する液体または固体の粒子」と定義されています。

そして、一般的にはエアロゾル感染については、このエアロゾルを介して感染することを指すようです。

つまり、この定義に則って考えていくとエアロゾル感染は空気感染飛沫感染の2つを内包するようなイメージになるわけですね。

 

「新型コロナウイルスはエアロゾル感染する?」

現状、新型コロナウイルスの感染経路は飛沫感染接触感染とされています。

空気感染の可能性は低いというのが実情です。

これは、今までの罹患者の状態から厚生労働省が出している正確な情報になります。

つまり、現段階の情報を整理すると、

・エアロゾル感染を空気感染と捉えた場合は感染の可能性低い

・エアロゾル感染を飛沫感染と捉えた場合は感染の可能性あり

と考えられるかと思います。難しい…。

エアロゾル感染の捉え方によって変わるというのがポイントですね。

 

「とにかく、予防しましょう!」

エアロゾル感染が定義づけされていないので何とも言えませんが、基本的にはすべての感染に言えることで、手洗い・うがい・マスクなどでウイルスや細菌が体に侵入しない仕組みを心がけることが大切です。

また、免疫力が下がっていると感染症発症のリスクが高まるため、睡眠や食事での体調管理も同時に気を付けましょう。

新型コロナウイルスについてはまだ分かっていないことも多いので、いろいろなニュースが流れてきますが、今回の「エアロゾフ感染」の知識等、ひとつひとつ精査した上でしっかり感染予防に努めていきたいですね!

次回は、園芸に取り組んでいる病棟のお花を紹介できればと思っています。

 

 

 

 

 

 コメント(0)

☆年末の院内行事☆

2020.01.14

作業療法課ブログ更新☻令和2年 No1

新年あけましておめでとうございます。

新しい年が始まり、霧島連山にも冬の訪れを感じる季節となりました。

年末年始はゆっくり過ごせましたでしょうか。

今回は、先月の院内行事であるクリスマス会ともちつき大会について報告したいと思います。

まず、12月25日に開催された

↑ 当院患者様が、園児からの手作りクリスマスプレゼントを手渡しで受け取られている📷写真です。

綺麗な模様の着物姿の園児に「可愛いねぇ」と声を掛けていました。

 

毎年恒例の朝日保育園さんの舞踊披露では、大勢の患者様を目の前に堂々とした踊りを披露してくださいました。

一生懸命な姿が本当に可愛かったです。ありがとうございました(人”▽`)

 

 

↑ 病棟出し物では、3病棟から西城秀樹の曲「ヤングマン~YMCA~」に合わせてダンスを。

そして、4病棟から「水戸黄門~クリスマスVer~」の寸劇を披露しました。

どちらも練習を何度も重ねてこの日を迎えましたが、大勢の人の前では緊張しますね。

OTスタッフによる「きよしこの夜」のハンドベル演奏もクリスマスの雰囲気が味わえたのではないかと思います。

 

********************************

 

クリスマス会を終えた二日後には、年の締めくくりに相応しい

「もちつき大会」を行いました。

はじめに “鏡もちの由来” などを確認したあとに、臼と杵を使用して参加者全員がもちつきを体験しました。杵が思っていた以上に重たく、みなさん慣れない動作に悪戦苦闘していましたが、真っ白なお餅が出来上がりました。

その後は、お餅入りのぜんざいを参加者全員でいただきました。

 

↑ おかわりに長蛇の列が!(⌒∇⌒)

甘い1年の締めくくりに相応しい院内行事になったのではないかと思います。

 

今年も様々な活動や行事を通して、私たち、皆さまにとって実りある1年になればと願います。

本年も宜しくお願い申し上げます。

OTスタッフ一同

 コメント(0)

☆季節外れの?ハイビスカスが咲いています☆

2019.12.05

2019年のカレンダーも残すところ最後の1枚となりました。

近頃は、通勤途中に田んぼや川から水蒸気が湯気のように立ち上る幻想的な風景を見かけます。

 

これは、地霧(じぎり)や川霧(かわぎり)と言われ、朝方の太陽の上昇により、地面や

川の表面温度が急激に上がることで、地面や川の水分が空気中に蒸発して出来るのが

この霧の正体だそうです。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

季節は冬に突入したというのに、OT室に置かれている観葉植物の一つのハイビスカス

開花しましたΣ(・□・;)

ハイビスカスと言えば、ハワイ…沖縄…夏の花のイメージを抱いていた私。

夏に咲かなかった時には、「なぜ咲かないんだろう…(;´・ω・)?」と思っていたのですが、

11月の後半から1輪、そしてまた1輪と今では同時に一つの樹木から3つの色鮮やかな

大輪のハイビスカスが咲きました。

調べてみると通常であれば5月から夏の終わり頃まで咲くものなのですが、温度と湿度が

保たれれば1年中咲くものらしいです。

しぼんだ花は、すぐに摘み取れば次の花に養分が渡り、余計に咲くとかΣ(・□・;)

 

 

これは、当院患者様がデジカメにて撮影された写真です。

昔のカメラはこのようなものだったと話が盛り上がり、カメラののぞき穴?の部分を探し

てみたり、自身が撮った写真をその場で見れると「写ってるー」と感動されたり(o^―^o)

なにより、撮り方が皆さんそれぞれ違う!

下から撮ってみたり、花の部分のみ撮ってみたり、ハイビスカスを囲んだ雰囲気を写して

みたり。

楽しく写真撮影を行いながらのOT活動でした。

 

 

 

たまには、病棟へ植物を運んで眺めて過ごしてみるのもいいものだなと感じました。

しかし、この季節にハイビスカスは夏だと勘違いしてしまうかも?!

 

次回はクリスマス会についてUPします☺

お楽しみに!

 

 

 コメント(0)

☆令和初☆こすもす祭~受賞作品紹介~

2019.11.19

作業療法課 ブログ更新

11月7日は、令和初の西諸地域精神障がい者文化交流会「こすもす祭」が、高原町のほほえみ館で開催され、当院から50名の患者様及び職員が参加しました。

無料の喫茶コーナーでは、大勢の方がコーヒーを飲みながら語り合い、バザーでは皆さん足を止め掘り出し物を見つけていました。私もハンディ掃除機を100円でGET☆彡

外ではクッキーや唐揚げ、ハンドメイド雑貨が販売されており、体験コーナーでは学生ボランティアさん達と交流を交えながら、ちぎり絵や自由書道・俳句などに取り組まれていました。

 

 

 

 

展示作品スペースには、各事象所で創作された作品が展示されており、当院からも多くの作品を展示させていただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その中でも、特に多くの来場者が「これすごいねぇ」「うまいねぇ」と称賛されていた、当院患者様が製作されたこの作品。

 

個人作品 特別賞

おめでとうございます!!

 

 

 

 

 

実際は、木板に彫刻が施されている作品なのですが、今回は彫刻作品をカラーコピーで印刷して絵画のように額縁に入れて出品。それにしても、迫力がありますよね!「えぇ!本当は彫刻なの?!」となってしまいます。

他にも、「パッチワーク」や「微笑む患者」など同じ患者様が描かれた絵画を数点展示させてもらいましたが、本当にお上手です。またの機会にご紹介したいと思います。

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、当院2病棟から出展したこのコスモスと山々の壁面が「保健所長賞」に選ばれました。

 

 

考案したのは、実は私OTブログ担当なのですが、多くの患者様が何かしらの工程に加わり仕上げた力作です。

おめでとうございます(o^―^o)

 

 

 

 

廃材のプラでこすもすの花びらを作り1枚1枚油性ペンで色塗りを施し、1人1輪づつ好きな場所へ貼り付けています。そして、空と山の張り紙は、習字紙をまだらに染め、色彩豊かに張り付けていきました。「この風景に合う詩は、何だろうね」と話し合い四季の歌の秋のフレーズを使用しました。

数名の来場者の方が「あーきを愛する人は~♪」と口ずさんでいたのが印象的でした。

 

来年度のコスモス祭の開催は2日間に渡って行われるそうです。

来年度に向けて、更なる輝かしい作品作りに励んでいけたらと思います。

次回は、12月クリスマスシーズンにブログUp予定しています。

お楽しみに~(*^_^*)

 

 コメント(0)

☆レクリエーション大会☆

2019.11.14

 

長袖が必須な季節が到来してきました。

イチョウも黄色に色づき、紅葉巡りが楽しみになる秋ですね。

秋と言えば、食欲の季節でもありますが、運動会も盛んに行われる季節でもあります。

最近は、夏前の連休後に行われる保育園も多いのですが、どちらの開催が良いのでしょうね。

 

私個人としては、やはり運動会=秋というイメージです。

先月の院内行事では、運動会のような…「レクリエーション大会」を開催しました。

運動会と聞くと“運動”が苦手な方にはネガティブなイメージにもなり得ることから

当院では「レクリエーション大会」と呼んでいます。

今回は、「レクリエーション大会」の報告を綴っていきたいと思います。

開催されたのは、先月の23日でした。

 

 

 

 

 

 

 

開催前に参加メンバーを集い、競技参加メンバーの選出やチーム編成を担当OTが行います。

患者様同士でペアを組むこともあれば、スタッフとペアを組むこともありました(o^―^o)

 

準備体操は、当院のOT実習生が前へ出て模倣を示しました。

みなさん病棟でのラジオ体操時よりも念入りに準備運動を行っていたような気がします(;^ω^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

内容は、上記写真のプログラム内容通りに行いました。

中でも、「これくらいかなぁ」とペアと相談しながら、雑巾を絞って定められた重さを目指すゲームは、感覚を駆使しており面白かったです。

 

 

 

 

 

 

 

病棟ごとに白組赤組に分かれていたことから、応援にも力が入ります。

各競技で勝ち点を取ると嬉しそうにバンザイ\(^o^)/をされている患者様もいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

あと、この「くす玉」はある仕掛けがされています。

新聞紙ボールを投げつけて割ると中から風船が落ちてくるのですが、一部の風船には「当たり」という文字が…。

なので、割れた瞬間は本当に争奪戦でした。

(ちなみに当たりの風船を拾った方は、ジュースのプレゼント)

怪我をすることなく無事終えることができました(*^-^*)

運動も大事ですが、

楽しく体を動かすこと!

他者と協力して目標を達成すること!

何より笑うこと!( *´艸`)

少しでも何かしらを得た院内行事になったのではないかと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この写真は、お気に入りの1枚です。

みんなで一つのボールを眺め、上を見上げている瞬間📷

 

次回は、こすもす祭の催しを報告したいと思います。

お楽しみに~(*^-^*)

 コメント(0)

☆実践「ロコトレ」☆

2019.10.24

作業療法課ブログ更新‼

 

前々回のブログにて、ロコモティブシンドロームについて「ロコチェック」をご紹介しましたが覚えていますでしょうか

今回は、前回に案内していたとおり“ロコモティブシンドロームに陥らない”ためのトレーニング…通称「ロコトレ」をご紹介したいと思います。

 

ロコトレ」の代表的な2つのトレーニングがコレ。

①片脚立ち  と ②スクワット です。

 

目的について簡単に説明します。

①片脚立ちは、「ついついすり足になっちゃう…」「つまづきやすい…」

といったバランス能力の低下を予防し、平衡感の維持・確保のため行います。

 

そして、②スクワットは、年齢や活動不活発によって体幹・下肢の筋力が衰えるのを防ぎ、筋肉量の保持・筋力強化を図ります。

各病棟での体操の活動時に片脚立ちを取り入れるなど「ロコトレ」に励んでいますが、日々の継続が大事だなと思う今日この頃…。

皆さんも、ぜひ「ロコトレ」取り組んでみてくださいね(^^)/

 

今月に入り、各病棟ごとにコスモス観賞へ行きました。

次回は、外出の様子やコスモスの由来等を紹介していく予定です。

お楽しみに

 

 コメント(0)
ページの上へ移動