地域に信頼され、愛される病院をめざして奉仕の精神でつとめます。

医療法人 浩然会 内村病院-精神科・心療内科

求人情報

TEL.0984-23-2575

FAX:0984-22-6442
外来受付 月~金 8:00〜11:30・土 8:30~11:30
(土曜は再診のみ、日・祝祭日は休診)

フレブルトリオブログ

最近のブログ

過去のブログ

スタッフブログ

十五夜

2020.08.31

まだまだ暑い日が続きますが、夜になると月が綺麗に顔を出しています。

今年の十五夜は、10月1日(木)。

満月の夜を見て楽しむのは、日本の秋の風物詩ともいえます。

十五夜のお月見が広まったのは平安時代。

庶民の間にまで風習が広まったのは、江戸時代に入ってからで、

美しい月を眺めるだけでなく、収穫や初穂を感謝する日です。

収穫に感謝して、月に見立てたものや収穫物をお供えするという風習も

あります。

お月見のお供えもの、すすき、月見団子、農作物(芋類)は・・・

(すすき)悪霊や災いなどから収穫物を守り、翌年の豊作を願う意味が

込められています。また鋭い切り口は、魔除けになるとも言われています。

(月見団子)月に見立てたお団子は、月に収穫の感謝を表します。

十五夜では15個を積んでお供えします。

(農作物 里芋・栗)里芋、栗、枝豆など、収穫されたばかりの農作物を

お供えし、収穫に感謝を表します。

 

暑さの疲れが溜まっている、そんな日の夜・・・

「綺麗な月」を眺めて、ほっと一息つきたいですね。

 

今月も患者さんと職員と一緒に、「ちぎり絵作り」を楽しむことが

出来ました。

1病棟 ブログ委員

カテゴリー:看護部門
Leave a comment




CAPTCHA