地域に信頼され、愛される病院をめざして奉仕の精神でつとめます。

医療法人 浩然会 内村病院-精神科・心療内科

求人情報

TEL.0984-23-2575

FAX:0984-22-6442
受付 9:00〜11:30(土曜は再診のみ、日・祝祭日は休診)

最近のブログ

過去のブログ

スタッフブログ

4病棟 院内バーベキュー

2019.11.19

11月も半ばに入り少し冬らしくなってまいりました

この日はあいにくの雨でしたが、4病棟の院内バーベキューを行いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

炭火起こしから始めて、肉と野菜を二手に分かれそれぞれの「焼きのスペシャリスト」達に焼いてもらいました。

 

 

 

 

 

いい感じに焼きあがりました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やはり炭火で焼いたバーベキューは最高ですね

皆さん、満足して頂けたようです

 

それではまた。

 コメント(0)

MUSIC

2019.11.13

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

深い秋が訪れています。

そんなセンチメンタルな季節に、「音楽」はいかがでしょうか?

 

劇的なヒロイン、激しい愛を熱演してきた

フランスの名女優イザベル・アジャーニのアルバム

「雨上がりの恋人」をご紹介します。

同じく、フランスの鬼才セルジュ・ゲンスブールのプロデュース。

囁くような、吐息のようなウィスパーボイス、

ラストソングの「PULL MARINE(マリン・ブルーの瞳」で一気に

輝く星空に吸い込まれ、心漂わせてくれそうです。

 

1病棟 ブログ委員会より

 コメント(0)

コミュニケーションとは?

2019.11.05

・言語,身ぶり,画像などの物質的記号媒介手段とした精神的交流。

・語源はラテン語で「分かち合う」を意味。

・コミュニケーションの過程は,精神的内容を物質的に表現する送り出しの段階,

受け手によって受容される段階の2段階から成立。

・人間社会を成立させる基礎的な条件。

 

ん~・・・・難しいですね。簡単に言えば

「自分の思いを相手に上手に伝え、相手の思いを上手に受け取る事」です。

皆さんの「生きづらさ」の悩みの多くに、

  • 頼まれたことを断るのが、苦手。
  • 相手にお願い事がするのが、苦手。
  • 知らない人に話しかけるのが、苦手。

などが挙げられます。

 

「自分の思いを簡単に伝えたら、なんて気が楽なんでしょう~。だけど、相手から嫌われないだろうか?そんなことを思ったら、やっぱりこの思いは言えない。だけど、そしたら悶々とした気持ちが積み重なり・・・・・・。あ~どうしよう。」と負の連鎖が続きます。

そんな時は・・・・・

「アサーション」という「自身の意見を押し付けず、逆に意見を言うことを我慢せず、話す側、聞く側それぞれがお互いを尊重して、率直に自己表現を行なうためのコミュニケーション技術」を学ぶと「生きやすくなる」と言われます。

 

1病棟では毎週水曜日に、SSTという場で

「自分の思いを相手に上手に伝え、相手の思いを上手に受け取る」練習をしています。

SSTとは「SOCIAL SKILLS TRAINING」の略で「社会生活技能訓練」をいいます。

1病棟のSSTでは

  • 「生きづらさ」を皆で考えながら、解決に近づく練習の「基本訓練モデル」。
  • 納得して「服薬習慣」を継続出来るための、「服薬教室」。
  • より良い睡眠のために睡眠薬だけに頼ることなく、自分自身で工夫するための、「睡眠教室」を楽しみながら行っています。

 

「ぐっすり眠れて、気持ちも楽に、また納得して薬も飲めて・・・・。」

今からの秋深まる季節、日々を穏やかに生活出来れば嬉しいですね~。

1病棟 職員一同

 コメント(0)

ハッピーハロウィン

2019.11.05

5病棟の患者様と一緒にハロウィンの貼り絵を製作

作業療法士に教わりながら、真剣な表情で一枚一枚丁寧に張っていきます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハロウィンのお面も作りました

ハロウィンといえば、『かぼちゃ』ですが、もともとは、『かぶ』を使っていたそうです。キリスト教の文化圏が広がった際、『かぶ』に馴染みの少ない文化圏では、収穫量の多い『かぼちゃ』を代わりに使うようになったそうです

 

 

数日かけてやっと完成

完成したハロウィンの貼り絵の前で喜びの写真をパシャリ

皆様、素敵な笑顔でした

 

 コメント(0)

ハロウィン🎃

2019.10.10

今年もこの季節がやってきましたね

そうです! 『ハロウィン』です🎃

 

 

こちらは昨年スタッフで作成したものですが、これを見た患者さんたちが「今年もハロウィンの時期だね」と口にしていました。

患者さんたちのあいだでもハロウィンがだいぶ浸透してきているようですね。

テレビでは仮装をした人たちがパレードをするのをよく目にしますが、そのうち病院内でも仮装パレードをする日が来るかもしれないですね。

 コメント(0)

ちいさい秋

2019.10.01

誰かさんが 誰かさんが 誰かさんが みつけた
ちいさい秋 ちいさい秋 ちいさい秋 みつけた
めかくし鬼さん 手のなる方へ 澄ましたお耳に
かすかにしみた 呼んでる口笛 もずの声
ちいさい秋 ちいさい秋 ちいさい秋 みつけた

もう10月に入りました。

朝夕、涼しくなり「秋」を心に感じます。

「秋の夜長」を楽しんでみませんか。

「天体観測」「読書」「映画」「長風呂」などを楽しむ事で

心身共にリラックス出来そうですね。

今月も患者さんと一緒に「秋のちぎり絵作り」を通じて

楽しい時間を過ごせました。

1病棟 職員一同

 

 

 コメント(0)

オートポリスでレース観戦してきました

2019.09.19

9月7日、8日に大分県は日田市のサーキット(オートポリス)に行ってきました。

天気にも恵まれ、まだまだ暑い時期ですが高地ということもあり日陰では心地よい風が吹いていました。

 

 

今回観戦したメインのレースは「SUPER GT  第6戦  AUTOPOLIS GT300kmレース」です。7日には主にSUPER GT の予選、8日には主に決勝レースと各チームの監督やドライバーのトークショーなどがあり賑わっていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

SUPER GTは市販車のシルエットを模したレースカーが走ると言うことで、国内でも非常に人気の高いレースのひとつで観客動員数も1レースにつき最高で十数万人も詰めかけるほどのイベントとなっています。

 

 

 

それぞれのチームが出しているショップやB級グルメ、本物のレースカーの展示などもありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

SUPER GTはGT500とGT300の2つのクラスが存在し、同時に決勝レースを行いそれぞれの順位を争います。

また、各チームはレースごとの順位によってそれぞれポイントが設定してあり、年間8戦あるレースのポイントの累計により年間チャンピオンを狙うといったものとなっています。

 

 

上位のGT500クラスは約500馬力のエンジンを搭載することから名付けられました。また、車体は各メーカー共に共通のカーボンシャシーが使われます。このクラスは3つのメーカー(日産、トヨタ【レクサス】、ホンダ)から15台が参加しています。

 

 

下位のGT300クラスは、これも約300馬力のエンジンを搭載することから名付けられました。GT300クラスは様々な国のいわゆるスーパーカーの集まりといっても過言ではないような豪華な車種(ポルシェ、ランボルギーニ、ベンツ、アウディ、マクラーレンなど)29台が参加しています。

 

 

GT500クラスとGT300は馬力の違いがあるため加速や最高速度に当然差が生まれます。このように速度差のある2クラスが、あえて同時にレースをすることで、SUPER GTでは常に抜きつ抜かれつの混戦が生じるようになっています。このためトップ独走状態であってもドライバーは常に高い緊張のレースを行い、ファンもスリリングな展開を楽しむことができるわけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

決勝の日は午後から一時的に雨が降り、クラッシュやコースアウトが続発する波乱のレースとなりました。運転するドライバーは大変だったでしょうが見る側にとってはなかなか面白いレースでした。

 

来年もまた行きたいと思います。

 

 

それではまた。

 コメント(0)

「夏の忘れ物」

2019.09.09

太陽、すいか、線香花火、ひまわり、蚊取り線香、海、プール、

お化け屋敷、里帰り、バーベキュー、お墓参り、同窓会、汗、夕立ち

夏祭り、夏休みの宿題、ラジオ体操・・・・・。

 

9月に入りました.

朝夕涼しくなりました。

あの燃えるような暑さは、いつのまにか遠く遠くへと、行ってしまいました。

まるで陽炎の中の幻。

喧噪が嘘のように・・・ふと寂しさを感じてしまいます。

幼い頃に見た夢と共に、黄昏の夕陽を見ているようです。

 

皆さんは「心の忘れ物」は、ありませんか?

「心の中の置き去りの思い」は、ありませんか?

こんな思い、あんな思い、伝えられたら・・・分かち合えたら・・・

 

ひとりで、どうぞ悩まないで・・・

無理して笑顔を作らないで・・・

すぐ隣には、誰かがいます。

 「置き去りの、心の忘れ物」を人とのつながりで、取り戻しましょう。

 

8月も患者さん、職員とでちぎり絵作りを通して「温かい心」に、

触れることが出来ました。

1病棟 職員一同

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 コメント(0)

登山 (大浪池~韓国岳)

2019.08.29

もうすぐ8月も終わろうとしていますが、皆さん夏バテしてないですか?

今回は、少し前に登った韓国岳の話をしたいと思います。

梅雨に入る少し前の時期に一人で大浪池から韓国岳に登ってきました。

登山に関してはド素人で、ましてや一人で登るのも初めてだった私。不安と緊張でいっぱいでした。

この日は天気も良く、気温もそれほど高くなかったのでとても良い登山日和でした。

まずは大浪池の周りを歩きながら韓国岳の登山口まで向かいます

 

 

 

歩きながら見る大浪池はとてもキレイでした。

時期的に「ミヤマキリシマ」も見頃でした。

 

 

大浪池を半周し、いよいよ韓国岳に登っていきます。

途中の階段はとてもハードでしたが、そこを登るといよいよ頂上です。

 

 

 

 

 

頂上から見える周りの山々の景色はとても絶景でした。

また涼しくなったら登ってみたいものです。

 

 コメント(0)

2病棟 夏祭り

2019.07.29

梅雨も明け、暑い日が続きますが皆さん体調は崩されていないでしょうか?

 

内村病院2病棟では、この暑い夏を乗り切るために毎年恒例の『2病棟・夏祭り』を開催しました


 

今年もたくさんの患者さんが、『金魚すくい』に『射的』、『輪投げ』や『ボールすくい』など多くのゲームに参加してくれました

 



 

年に一回の祭りとあってか、皆さんからは満面の笑みと笑い声がたくさん聞かれました

 

そしてメインイベントの『スイカ割り

 

 

最後はかき氷にスイカを入れて皆さんで美味しくいただきました

 

これで今年の暑い夏も乗り切れそうです。

 

 

 コメント(0)
ページの上へ移動