地域に信頼され、愛される病院をめざして奉仕の精神でつとめます。

医療法人 浩然会 内村病院-精神科・心療内科

求人情報

TEL.0984-23-2575

FAX:0984-22-6442
受付 9:00〜11:30(土曜は再診のみ、日・祝祭日は休診)

最近のブログ

過去のブログ

スタッフブログ

平成30年度 第2回医療安全講習会

2018.11.30

平成30年度 第2回医療安全講習会を当院大会議室にて開催。

 

内容は、次の4点。

 

  ① 院内感染対策

  ② 医療安全対策

  ③ 薬剤

  ④ 行動制限最小化

 

1.院内感染対策では、血中ウィルス感染の感染経路、針刺しによって健康被害を

  生じる主な病原体など、針刺し切創対策についての講習。

 

2.医療安全対策では、添付文書の重要性、正確な指示受けをするための注意事項

  作業・操作の失敗箇所など、薬剤取り違い対策についての講習。

 

3.薬剤では、持参麻薬の例など、麻薬の取り扱いについての講習。

 

4.行動制限最小化では、拘束中での合併症による事故の事例など、身体拘束におけ

  る看護についての講習。

 

 

受講者は、業務に役立つ実践的な内容で興味深く聞き入っていました。

 

 コメント(0)

12月に入ります・・・。 1病棟だより。

2018.11.30

「師走」の12月です。

何かしらと慌ただしい日が、大晦日に向けて駆け足で過ぎていくかと思います。

今年1年を振り返れば、あれこれと色々な事がありましたね。

皆様、お疲れ様です。

 

今月も患者さん、スタッフと共に「クリスマスのちぎり絵」を「ここは、この色。そっちは、あの色。」と創意工夫し、楽しみながら作ることが出来ました。

 

「慌ただしい」の「慌」は「心が荒れている」と意味します。

そんな慌ただしい師走だからこそ、「クリスマス」には家族、友人達と」ほっと温まるふれあいの時間を設け、荒れた心から、「清らかで優しさあふれる心」を取り戻しましょう。

1病棟 スタッフ一同

 コメント(0)

つわぶきハーフマラソン

2018.11.22

段々と寒さが厳しくなってきていますが、皆さん体調は崩していないでしょうか?

今回は先日、日南で開催された『つわぶきハーフマラソン』に参加してきましたので紹介させていただきます。

もともと運動はあまり得意な方ではない私ですが、内村病院で働くようになり先輩方に誘われてマラソンを始めました。

足は遅いながらも徐々にマラソンの楽しさを覚え、大会にもちょこちょこと出るようになりました。

そして今回は地元のマラソン大会! 楽しみでもありましたが、緊張と不安とでいっぱいでした。

大会当日、朝の6時前に家を出発し7時過ぎには会場に着いたのですが駐車場にはすでにいっぱいの車。

 


 

大会受付を済ませスタート時間までウォームアップをし、いざスタート位置へ!

 


 

9時25分スタート! 21キロの長い道のりが始まりました。

序盤は問題なく走れたのですが後半になるにつれ、徐々に足が重くなり息も上がり始め何度も歩こうと思いました。

しかしそんな時に沿道から大きな声で「がんばれ!」「あともう少し!」と一生懸命声援を送ってくれる地元の方々。

そんな声援が後押しとなり背中を押してくれました。

結局、最後まで歩くことなく無事にゴールし走りぬくことができました。

記録は満足のいくものではなかったですが、まずは無事に走りきれたことが一番です。

 


 

このような大会に出たときにいつも感じるのが、やはり応援は力になるのだということをいつも感じます。

つらい時に声を掛けてもらえるということが、どれだけ力になるか。これはきっと患者さんも同じ気持ちなのではないでしょうか。

まだまだ未熟な看護師ですが私も患者さんを『応援』できる看護師になれるよう、これからも精進していきたいと思います。

話はマラソンに戻りますが、ゴール後は昼食を頂きました。これもマラソン大会の楽しみの一つです。

今回は弁当に、豚汁と地鶏の炭火焼きを頂きました。とても美味しかったです!

 


 

帰りは北郷温泉にゆっくりと入り、マラソンの疲れを癒して帰りました。

 

 

 コメント(0)

5病棟夜間救急訓練

2018.11.12

夜間救急訓練を行いました。

今回は、新人職員2人で、行ってもらいました。

夜間巡回中に心肺停止の患者さんを発見

した想定です。

AEDを装着する場面です

他の病棟からも、見学に来ていたので、とても緊張したと思いますが

急変の時も緊迫感がありますので、いい経験になったと思います。

急変は起きてほしくないですが、いざとゆう時

この経験が役に立ってくれると思います。

 

 コメント(0)

こすもす祭に祭」参加してきました。

2018.11.12

こんにちわ。1病棟便りです。

さる11/7(水)最高の秋晴れの中、小林市民会館で開催された西諸地域精神障害者文化交流会「こすもす祭」に病棟からも多数の患者さんが参加され、数々の催しや展示物、販売などに心ゆくままに楽しむことが出来ました。

 

展示物の中には、病棟で定期的に作成している「ちぎり絵」も飾られていて、患者さんもあらためて作品の仕上がりの良さを感じておられました。

 

西諸地域精神障害者文化交流会「こすもす祭」への参加が、精神障害への益々の深い理解と関心に繋がり、地域での「より良い暮らしやすさ」の実現化が成すように、期待しているところです。

 

 

 

 コメント(0)

10月が終わろうとしています・・・。

2018.11.26

 

みなさん、お久しぶりです。

1病棟からのお便りです。

ハロウィンは毎年10月31日に行われる、お祭りの事です。元々は秋の収穫を祝い、悪霊などを追い出す宗教的な意味合いのある行事でありましたが、現代では特にアメリカ合衆国で民間的な行事として定着し、宗教的な意味合いはなくなってきています。

今月も患者さんと楽しく、ちぎり絵を楽しめることが出来ました。

話題は変わりますが、来る11/7に開催される精神障害者文化交流会「こすもす祭」に、今まで病棟で製作した数多くの、ちぎり絵を展示させていただく予定です。

芸術の秋、味わい深い傑作作品を心ゆくまま鑑賞下さればと思います。

1病棟 ブログ委員会スタッフより

 コメント(0)

ハロウィン

2018.10.22

10月に入り朝晩の寒さが一段と厳しくなってきましたが、皆さん体調は崩していませんか?

10月と言えば『ハロウィン』ですね。ここ数年でこの時期になるとこの言葉をよく耳にする機会が増えてきました。

では皆さん、『ハロウィン』とは何かご存知ですか?

ハロウィンとは簡単に言えば、「日本のお盆」のようなものです。

10月31日にご先祖様が親族を訪れる夜だそうです。

それでは何故仮装をするのか?

それは、ハロウィンには魔物も一緒にこの世に現れてしまうため自ら魔物の格好をして悪霊や魔物のから身を守った事が仮装の由来とされているそうです。

そんなハロウィンですが2病棟でも今月はハロウィンの展示物を作成しました。

病棟に来られた際は、是非足を止め見て行ってください。

 

 

 

 

 

 

 

 コメント(0)

ハロウィン(^_-)-☆5病棟

2018.10.29

10月はハロウィンの季節ですね

ハロウィンとは、もともとは、ヨーロッパを起源とする民族行事で

秋の収穫を祝い、悪霊などを追い出す

宗教的な意味合いのある行事だったみたいです。

今ではクリスマスなみの、大イベントとなって、

仮装したり、飾りつけをしたりしてとっても楽しい行事ですよね

病棟のOT活動で、患者さまが、ハロウィンの飾りを作ってました

Trick or treat(お菓子をくれなきゃいたずらしちゃうよ

こちらは、カラフルな、カボチャがたくさんできています


かぼちゃのことは、ジャックオーランタンて言うんですって

もともとは、カボチャではなく、カブをくりぬいて、灯りをともしていたみたいです

何故、ジャックオーランタンて言うのかは、

気になる方、ネットで検索してみてくださいね

かわいいハロウィンの飾りが出来上がりました

5病棟エレベーター前に飾ってますので、見に来てくださいね

 コメント(0)

DIY 木箱作り   

2018.10.15

こんにちは、4病棟Nsです。

この度DIYで木箱を作る機会がありましたので紹介します。

 

材料は桐板、5mmベニヤ板、2.5mmベニヤ板、枠板はダボとボンドで接合してみました。

枠板は厚さ1.3mmの桐板とし底板(5mmベニヤ)を接着する面に、あらかじめ5mm角の細い角材を接着して補強材としました。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

枠板はボンドだけでも接合できるのですが、ダボを使用することによってより強固に接合できます。

こちらがダボになります。ドリルで穴をあけますが穴の深さが分かるようにテープで目印をつけてます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先に枠板を組んでいきます。

ダボ穴をドリルであけ、ダボマーカーという金具をはめ込みます。

このダボマーカーを使用することで、組み合わせる材木の穴の位置を特定できるので便利です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ダボマーカーで印が付いたら、そこにドリルで穴をあけダボ材を差し込みます。

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おおまかな枠組みが出来ました。

四隅と底板とを接着剤でくっつけると、結構な強度になります。

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仕切り板になります。組み合わせるので、板の幅の半分まで切り込みを入れてます。

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仕切り板を組み合わせ、出来上がった木箱内に入れ込みます。

仕切り板の数を変えれば、小物入れとして物に応じたスペースを作り出す事も出来ます。

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後にサンドペーパーで仕上げて完成です。

実際作ってみると、意外と簡単にできるので皆さんも挑戦してみてはいかがでしょうか。

 

それではまた。

 

 

 

 コメント(0)

そうめん流し5病棟

2018.09.25

 

秋めいてきた今日この頃ですが、5病棟も、ようやく、そうめん流しをすることが出来ました。

皆流れてきたそうめんを上手に

すくい食べていました。おいしそう

スイカ割りもしましたスイカを目指して頑張れ

結構大きなスイカです。なかなか割れませんね・・

右、右、左、左周りからの声援がすごいです

この後見事に割れ皆でおいしく頂きました。

輪投げ・・・狙って、狙って

夏と言えば夏祭り夏祭りと言えば金魚すくい実際金魚は無理なので

色とりどりの玉をすくいます。夏祭り気分をを味わえる良い機会となりました。

 

 コメント(0)
ページの上へ移動