地域に信頼され、愛される病院をめざして奉仕の精神でつとめます。

医療法人 浩然会 内村病院-精神科・心療内科

求人情報

TEL.0984-23-2575

FAX:0984-22-6442
受付 9:00〜11:30(土曜は再診のみ、日・祝祭日は休診)

最近のブログ

過去のブログ

スタッフブログ

こばやし霧島連山絶景マラソン

2019.03.14

3月3日、小林市で行われた『第3回 こばやし霧島連山絶景マラソン』に参加してきました。

今回で3回目を迎えるのですが、前回の大会は大会直前に新燃岳が噴火し中止となってしまいました。

第1回大会は10㎞までのコースしかなかったのですが、前回からハーフマラソンコースが新設されそちらに参加してきました。

 

 

当日はあいにくの雨でしたが、県内外から多くのランナーが参加していました。

 

 

いつもの事ですが、スタートする時が一番緊張しますね。

9時30分スタート!

今回は小林の山道をメインにコースが設定されており、天気が良ければ小林市内の街並みを見下ろしながら走るコースでした。

実際の景色は写真におさめる余裕もなく、走るのが精一杯で景色もあまり堪能することができなかったのが残念でした。

半分以上が坂道というコース設定で私にとってはとてもハードなコースでしたが、今回も沿道の皆さんや家族の応援もあり最後まで完走することができました。

 

 

今回は普段走ることが出来ない街並みや山道を走ることができ、小林のいいところをたくさん見付ける事ができました。

来年こそは晴れた小林の街を走って、絶景を堪能したいものです。

 コメント(0)

4病棟 元号のこと

2019.03.08

温かい日が続き、日増しに春めいてまいりました。皆様元気でお過ごしでしょうか。

 

平成の元号がついてから、はや31年。今年の5月1日からは新元号がスタートします。

今回はそんな「年号」についての一言です。

 

 

「元号」の画像検索結果

 

日本での元号は645年の「大化」がはじめとされています。昔は元号を変えるのに決まりがなく占いや天変地異などの理由で短期間で改元されることがありました。

一番短いものではわずか2ヶ月ほどという期間の元号もあったようです。

明治以後は一世一元とされました。現在は1979年(昭和54)制定の元号法により皇位の継承があった場合に限り元号を改めると規定されています。

 

 

 

日本独特の紀年法は「元号+年数」によって年を表わす和暦で、現代では西暦とともに広く使用されています。
日本の元号は、二文字であることが伝統のように思えますが、元号に用いる文字数について明確な決まりはありません。

過去には二文字とは限らず、四文字の元号もありました。奈良時代の天平感宝天平勝宝天平宝字天平神護神護景雲の 5つとなります。

 

 

 

そして、これまで多く使われてきた漢字はというと

1位  29回(永保、安永、永和など)
2位 元、天 27回(元慶、元禄、天平、天長など)
3位  21回(大治、宝治、万治など)
4位  20回(嘉応、応徳、応仁など)

となっています。

 

ほかにも「安、長、和、正、明」なども多く、今も昔も変わらぬ安泰な世を願う気持ちが漢字に込められていることが伝わってきます。

 

 

 

4月1日には発表となる新たな元号がどんな元号になるのか気になるところですが、どんな名前になってもいいのでやはり平和な時代であって欲しいですね。

 

それではまた。

 

 

 コメント(0)

第64回九州精神医療学会参加

2019.02.22

去る1月31日、2月1日に福岡県福岡国際会議場で盛大に開催された第64回九州精神医療学会に参加してきました。約300演題を看護師、心理士、精神保健福祉士等による発表者が2日をかけて7分間の持ち時間で発表されていました。今後、当院で取り入れてみたい発表もあり、興味深く視聴することができました。当院からも2演題を緊張を隠し自信をもって発表してくれました。演題は、「認知行動療法に対応した看護について」と「陰性感情に対するアンケート調査からスタッフの対応の変化について」でした。質問に対しても適格に対応することができていました

また、私は座長として参加させていただきました。日頃、デイケア活動での集団リーダーをすることがありますが、雰囲気が違うな、ちょっとどころではないなと緊張感を漂わせながら役割を行いました。何とか、病院代表として責務を全うできたかと感じています。この学会に参加でき、当院でも益々医療の向上に努めたいと思います。

会場の一部です。

参加者のMEN・MENです。

 

 

 

 コメント(0)

2病棟 節分

2019.02.08

鬼は~そと! 福は~うち!

今年もやってまいりました、節分です

今年も2病棟には去年にも増して怖そうな鬼がやってきました。


 

患者さんも負けじと豆を準備して鬼を迎え撃ちます!

近くにやってきたところに、ここぞとばかりにすかさず豆を投げつけます。

 

 

 

さすがに鬼たちも患者さんたちのパワフルな豆まきに降参したのか、そそくさと退散していきました。

 

今年も患者さん、病棟スタッフともに良い一年が送れそうです。

 

 コメント(0)

4病棟 錦江湾内チャーターの巻

2019.02.04

 

2019年1月19日 今年初の釣行があった。釣行者は7名。

 

まだ夜が明けない午前5時30分頃、待ちきれない男たちが続々と重富漁港に車で集合した。車から降りるや否やこらえきれない笑顔で同志たちに挨拶をする。

駐車場に止めた車のヘッドライトが男たちの吐く白い息をさらに白く光らせる。そう、この日は寒かった。

午前6時00分 船長が到着する。「おはようございます!」年甲斐もなく元気よく大きな声で挨拶をする。そう、みんなアドレナリンがあふれ出ているのだ。

 

午前6時30分 他の船が出港する。どんどん他の船が出港していく。しかし、うちの船は出ない。一向に出ようとしない。なぜか?そう、1人遅刻しているのだ(# ゚Д゚)。

男たちは我慢した。男らしく黙って待った。

午前7時00分 遅れてきたラストサムライ到着!ようやく出発だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

桜島と朝日、波、船のエンジン音、本来痛いくらいの冷たい風が今日は気持ちいい。30分程してポイントにつく。船長から「タイが釣れるからね。」とうれしい言葉。我先にと男たちは仕掛けを海へ投げ込む。

 

ここで本日の仕掛けの紹介:中通し竿80号 中型電動リールPEライン4~5号 天秤仕掛け ハリス4~6号3ヒロ2本針 針真鯛10号 錘80号 オキアミ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仕掛けが海底に着底すると釣れるか釣れないか心配する間もなく、すぐに結果は出た。竿先がグッと曲がる電動リールのレバーを入れる。ギュイーーーン!電動リールが鳴る。魚影が見えた!よっしゃーーサバだ!えっ?サバ!?タイは? 男たちはその後も黙々と漁師の様にサバを釣り続けた。そう、男たちは次第にあんどした

 

船長が見かねて、場所移動!ホッとしたのもつかの間。次の場所でも同じようにサバとアジをひたすら釣ることになった。さすがに食べきれない。

いや、この数を捌いたら板前に匹敵するほど包丁の腕が上がってしまう。釣り人から板前になってしまう。いっそのこと角刈りにしようか。

とそんなことを思っていると。船長が「怪しいよ。もしかすると怪しいよ。ブリがいるかもよ。泳がせをする人はしていいよ。」と嘘のようなことを言うではないか。藁をもすがる思いで泳がせ釣りに変更。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すると、右舷で釣っていたS氏の竿が見たこともないほど曲がった。海面に穂先が刺さるくらい曲がっている。大物であるということは一目瞭然。そして糸が絡むといけないので全員仕掛けを巻き上げた。

40分ほどの格闘の末、上がってきたのは7キロのブリ!すごい!いいもの見せてもらった。その後、泳がせ釣りでマトウダイを追加。

 

お昼を過ぎ、納竿まであとわずか。またしてもS氏の竿が曲がった。さっきの7キロより曲がっている。カーボンロッドがまるで竹竿のようだった。今度も全員仕掛けを巻き上げてS氏を応援した。

1時間ほどの格闘の末10キロのブリを釣った。みんな驚愕して一緒に喜んだ。S氏ももちろん喜んだ。帰港時間が40分ほど遅れたが船長も喜んでくれた。

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう、遅れてきたラストサムライが最後にこう言った「でもさS君タイミング悪いよね」…お前が言うな!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次回予告:湾口真鯛 幻の70cm桜鯛はここにいた!ラストサムライが爆釣!の巻

乞うご期待!

 コメント(0)

「鬼は外~! 福は内~!」

2019.01.28

寒い、寒い日が続きますが、皆様、いかがお過ごしでしょうか?

2月4日は「立春」です。

季節の変わり目の「立春」には、邪気(鬼、魔物)が出てくると考えられていました。

その邪気を追い払う儀式として、文武天皇が慶雲3年に宮中で、初めて行ったのが

「立春」の前日、「節分」であります。

「節分」では、豆を鬼にまいたり、ぶつける事で邪気を

払い、無病息災を願います。

「心の中の鬼」である「嫌な感情」、「嫌なストレス」、「嫌な不安」などを

独りで抱え込まず、是非、当院スタッフや家族、友人などに

相談して追い払って下さいね。

今月も、患者さんとスタッフとで楽しく、ちぎり絵作りをする事が出来ました。

*「豆知識」・・「豆(まめ)」は「魔目(まめ・鬼の目という意味)」や

「魔滅(まめ・魔物を滅するという意味)」の語呂合わせを持ち合わせます。

 

1病棟 スタッフ一同

 

 コメント(0)

5病棟のお正月

2019.01.04

明けましておめでとうございます

今年もよろしく、お願いします

今年のお正月は、出勤でございました

なので、病棟の様子を

午前中は、患者様が、大晦日の紅白を見る為の準備です

準備が整ったら、師長からの新年のあいさつの後

ジュースでかんぱーい

紅白は夜遅くまでやっているので、最後まで見ることが出来ません

なので、元旦の日に録画した紅白を見るのが

とても楽しみなようです

そして、職員のお昼休みは

職員のSさんがおせち料理を作ってきてくださいました

ローストビーフや、スペアリブ、エビチリ、その他たくさん

どれも、手が込んでいて、とってもおいしかったです

こんな料理が食べれるなら、お正月出勤も嬉しいです

Sさん、作るの大変だったと思いますが、幸せなお正月を迎えることが出来ました

有難うございます

 コメント(0)

第4回クリーン活動&そば打ち体験

2018.12.21

12月16日(日)第4回クリーン活動&そば打ち体験を開催しました。

小雨の影響でクリーン活動は30分程度の活動となりました(>_<)

今回は19名の参加

スタッフのお子さんも

参加してもらいました。

まずは、

病院駐車場周辺

 

 

 

 

次に

病院下の道路脇を中心に

作業を行ないました。

 

 

いつも車で通っている時には気づきませんが、結構ゴミが落ちていました((+_+))

 

 


お菓子の袋や空缶、ペットボトル

など、故意に捨てたとしか思えない

ようなゴミでした( ;∀;)

 

 

 

 

 

みなさんの協力で綺麗になりました°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°

寒いなか本当にありがとうございました( ◠‿◠ )

 

クリーン活動の後は、お待ちかね ”そば打ち体験” です。

今年も、病院で育てた ”そば” を使ってそば打ち体験を行いました。

 

今年も神之薗師長ご指導のもと

そばをこねたり、延ばしたり、

切ったり( ゚Д゚)

 

 

お子様も、お父さんの力を借りながら上手にできました。

 

できあがり~( ^)o(^ )

出汁の効いたスープとの相性も抜群(^_-)-☆

メチャうまです!!!

 

 

 

 

 

 

みんなでおいしくいただきました(^^♪

笑顔の絶えないそば打ち体験でした。

 

まだ参加したことのない方は、次回

是非参加してみてください(^^)/

 

 コメント(0)

もういくつ寝ると・・・。

2018.12.17

お正月には凧上げて、駒を回して遊びましょう。

早く来い、来い、お正月。

来年、2019年の干支は「いのしし」です。

「いのしし年」生まれの人は、お人好しで、とても人間関係を大事にすると言われています。

正義感が強い上に、勇気も持ち合わせている為に困難にも、勇敢に立ち向かいます。

また心が強く、やると決めたら猪突猛進で一気に、物事をやり遂げる性格の持ち主であるとも言われています。

そんな「いのしし」のように、迎える2019年も人を思いやり仲良くしながら、毎日の事をコツコツと

しっかりと前進出来れば幸せですね。

 

今月も患者さんとスタッフとで、一緒に楽しくちぎり絵作りをしました。

願う思いは「上へ、上へ。」と羽ばたくかのように富士の山はそびえたち、凧も大空へと昇っていきます。

 

皆様、来年もどうぞよろしくお願いいたします。

1病棟 スタッフ一同

 

 

 

 コメント(0)

4病棟 院内バーベキュー

2018.12.11

最近、めっきり寒くなってまいりました。

4病棟では11月末に院内バーベキューを行いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

炭火が少しおとなしめでしたが、おかげで焦げつきもなくおいしく焼けました。

 

 

 

 


 

炭火で焼いたお肉はこれまた最高ですね

皆さん、沢山食べれて満足されていました

 

それではまた。

 

 

 

 

 

 コメント(0)
ページの上へ移動