地域に信頼され、愛される病院をめざして奉仕の精神でつとめます。

医療法人 浩然会 内村病院-精神科・心療内科

求人情報

TEL.0984-23-2575

FAX:0984-22-6442
外来受付 月~金 8:00〜11:30・土 8:30~11:30
(土曜は再診のみ、日・祝祭日は休診)

フレブルブログ

最近のブログ

過去のブログ

スタッフブログ

MUSIC 5

2021.06.28

今回、ご紹介するのは、

1977年発表、David Bowie「LOW」。

“ベルリン3部作”の第1弾。

ブライアン・イーノと共に冷戦下のベルリンで制作され、

「ニューウェイヴ」を先取りした名盤。

どうぞ、お聴き下さい。

1病棟 ブログ委員会

カテゴリー:看護部門 

ご紹介 ”温冷配膳車”

2021.06.28

「温冷配膳車」がやって来たぁーーーのは…2019年。

もうすぐ2年になります

高さ185㎝の圧迫感可愛らしい3色

練習を重ねて操作は、すぐに慣れました

「美味しい温度」の食事は、患者様から好評です

 

【お膳に料理をセットします。】

 

【この日は…和風ハンバーグ・れんこんサラダ

 

【出発病棟に食事をお届けします。】

お腹を引っ込めて~(笑)

エレベータにピッタリサイズです。

 

【広~い厨房】

 

【おかえりなさい

電源下に整列 素晴らしい運転さばきです

 

カテゴリー:スタッフブログ , 栄養管理課 

薬剤師の講話

2021.06.25

5月の生活教養では当院の薬剤師による講話をしてもらいました。前もってデイケアの利用者に質問事項を考えてもらい、当日に説明してもらいました。

内容は

 ①薬の飲み合わせ

 ②漢方薬の紹介

 ③腸活的な薬

 ④服用の大切さ

 ⑤コロナワクチンについて

あっという間の1時間でありました。薬剤師の講話は年に2、3回計画しています。

 

 

 

カテゴリー:たんぽぽ館 

聖火のトーチ

2021.06.22

当院の職員が聖火のトーチを持ってきてくれました
先日の小林市、えびの市間の聖火リレーに子供さんが参加し
緊張もなく笑顔で無事に完走したとのことでした。

もちろんコロナ対策は万全を期して参加されたそうです

いい思い出になったのではないでしょうか

 

カテゴリー:スタッフブログ , 事務 

蚊のはなし

2021.06.22

梅雨が続いていますが、これから暑い夏がやってまいります。

 

夏の時期の困ったことの一つが「蚊」の存在です。今回はこの蚊に関するはなしです。

 

蚊は吸血されると痒いだけでなく、マラリアジカ熱デング熱などの伝染病の原因にもなります。毎年かなりの数の人が蚊の媒介する伝染病で亡くなっているとのことです。

 

そして、蚊は常に人の血を吸って生きているのではなく、普段は花の蜜や草の汁を吸って過ごしているらしいです。

 

血を吸っている蚊のイラスト|蚊|8月|季節|素材のプチッチ

 

 

つまり人の血を吸うのは産卵する時だけということです。

でも、血を吸われて痒くなるのはとても嫌なことですよね。

例えば就寝中の夜中に蚊の羽音がしただけでも目が覚めてしまったり、それを退治するまで寝れなかったりという経験もあるのではないでしょうか。

 

蚊取り線香を焚いたり殺虫剤を散布したりという手もありますが、最近ではワンプッシュで蚊が居なくなるスプレーなどもあり蚊対策が充実してきました。

 

蚊対策としては虫除けスプレーもありますが、これには服の上から散布して殺虫成分で蚊を寄せ付けないものと、肌に直接塗布して蚊から見つからないようにする働きのものがあることをご存知でしょうか?

もちろん殺虫成分のものを肌に塗布するのは良くないでしょうし、肌に使うスプレーを服の上から塗ってもあまり効果はないようです。

 

イラストポップの季節の素材 | 春夏秋冬の行事や風物のイラスト7月2 ...

 

 

あるテレビ番組で香辛料などの刺激物やニンニクなどの臭いの強烈な食べ物を摂取すると、それらを食べた人の体臭には蚊が寄り付かないのではないかという検証していましたが、残念ながら効果はなかったようです。

しかし意外にも蚊は足の臭いが好きなのではということで、足を綺麗に洗ってみると蚊は寄り付いてきませんでした

 

実は正しくは足の臭いではなく、足裏の常在菌の方が影響しているようで足を綺麗に洗うとかアルコールを含んだウエットティッシュなどで拭き上げるだけで格段に蚊に刺されにくくなるということが分かりました。

足裏から足首辺りまで入念にきれいにすれば数時間ほど蚊除けの効果が続くそうです。

 

これからまだしばらくは蚊が活動する時期が続きます。新型コロナも怖いですが蚊の媒介する伝染病などにも気をつけて毎日を元気でお過ごしいただければと思います。

  

 

それではまた。

 

4病棟ブログ委員

カテゴリー:看護部門 

今年も「アレ」がありました

2021.06.17

カテゴリー:地域医療連携室・精神保健福祉士 

グラジオラスをいただきました

2021.06.16

定年まで当院に勤めてくださっていた方のお庭に咲いていたお花です。

病院に飾って下さいとわざわざ持って来て下さいました。

 

在職中も草花の手入れをしてくださって、四季折々の楽しみを届けてくださっていました

職場を離れても、みなさんのためにと思ってくださる気持ちが嬉しいですね。

 

今の季節はアジサイやユリなども咲いており、癒されています

さらに素敵なお花が加わったことで、待合室がとても華やかになりました。

 

ありがとうございます

 

カテゴリー:臨床心理室 

★梅雨について★

2021.06.15

OT活動の際に「今日は何の日でしょう」と参加者の皆さんに尋ねることがあるのですが、先日6月11日は、「入梅(にゅうばい)」であることを紹介しました。「入梅」とは、暦の上での梅雨の始まりだそうですが、実際の「梅雨入り」は各地域で異なりますよね。

ちなみに今年の宮崎県の梅雨入りは5月31日でしたが、梅雨明けは7月14日頃の予想だそうです。

この時期、青い梅の実が売られているのを見かけますが、「梅雨」や「入梅」の語源にあるように「梅」との関連性があるのではないかと思い、調べてみると実は諸説ありました。

①梅の原産地とされる中国では、「梅の実が熟す頃に降る雨」という意味で、中国の長江流域で「梅雨(ばいう)」と呼んでいたこと説。

②「黴(かび)が生えやすい時期の雨」という意味で「黴雨(ばいう)」と呼ばれていたものが、同じ読みで季節に合った「梅」の字を使って「梅雨」になったという説。

③露(つゆ)の読みを梅雨という漢字の当て字で梅雨と呼び始めたとする説。

④梅の実が熟し潰れる時期だから「潰ゆ(つゆ)」と関連づけたとする説。

やはり、「梅雨の時期」と「梅」は、関連性が深いような気がしますね。

皆さんは、梅酒を作ったことがありますか?

毎年、私の祖母が梅酒を作るのですが、さっぱりしてて美味しいですよね。

祖母から、「梅は三毒を断つ」という言葉を聞いたことがあります。

梅は、食毒(食生活からくる体内バランスの乱れ)、血毒(血液の汚れ)、水毒(体内の水分の汚れ)を除いて、体のさまざまな機能を改善する効果があるとのことです。

 

👇に作り方を紹介しておきます(*^-^*) クックパッドからの引用です。

【作り方】

1.青梅(1kg)は洗って水に6〜8時間つけ、アク抜きする
2.ザルにあげて水を切り、布巾で水気をよく拭き取る
3.成り口(実が枝についていた部分)に付いているホシ(軸)を、竹串で実を傷つけないように取り除く
4.熱湯で殺菌した広口瓶に、青梅と氷砂糖(500〜800g)を交互に入れる。
5.ホワイトリカー(1.8L)を注ぎ入れ、密閉して冷暗所に保存する。

2〜3か月後には飲めるようになりますが、1年以上熟成させるとより深い味わいになります。

また、ホワイトリカーの代わりに日本酒やブランデーを使ったり、甘味を黒砂糖やはちみつに替えたりしてオリジナルの梅酒を作るのもおすすめだそうです。

この時期しか採れない青梅を使って、梅酒を作ってみてはいかがでしょうか。

カテゴリー:作業療法 

梅雨

2021.06.07

かえるのうたが きこえてくるよ クヮ クヮ クヮ クヮ
ケケケケ ケケケケ クヮクヮクヮ

梅雨に入りました。

梅雨時期の健康管理のポイントは・・・

①天気・気温に合わせた調節。

降雨の有無だけでなく、気温の確認もしましょう。

大きい気温差は疲れが出やすくなったり、風邪もひきやすくなります。

気温が下がりそうなら、上着などの衣類で調整しましょう。

②梅雨のアレルギー対策。

ダニ・カビの繁殖はアトピーに悪影響。

また気圧や温度差の影響で気管支喘息も起こりやすくなります。

掃除と除湿、また晴れた日には家の換気を励行することが大事です。

高温、多湿で汗をかきやすくなり、アトピーの悪化を助長しがちですので、

汗はこまめにふき取りましょう。

③晴れた日は外へ出かけましょう。

雨が続くと、気持ちは憂鬱になり、また体調を崩しやすく、運動不足になりがちなので、

散歩やウォーキングで太陽の光に当たり、溜まっている疲れやだるさをリセットしましょう。

今月も「ちぎり絵作り」を楽しむことが出来ました。

1病棟 ブログ委員

カテゴリー:看護部門 

訪問看護日記

2021.05.26

みなさん、こんにちは! 精神科訪問看護です(*^^)v

今年は、平年より2週間早い梅雨入りだそうです。

今年は気温が高い日が多いようなので、みなさん熱中症には注意してくださいね!

さて、昨年に引き続きコロナウィルス感染症はまだまだ広がりをみせていますね…

 

私たちも訪問時は玄関先や広いスペースで患者様と十分に距離をとったり換気を行った上でお話を聞かせてもらっています。

最近では、患者様が率先して換気をし、手指消毒液を準備してくださっています。

その気持ちがとても嬉しく、ありがたいなぁと思います(´艸`*)

時には気分を変えて近くの畑まで散歩に出かけたり、季節の花を観賞したりしています。

 

私たちも常に新しい情報を収集し、患者様に感染症対策についてお話ができたらいいなと思っています。

 

これからもみなさんが笑顔で毎日過ごせるよう、私たちにできることを取り組んでいきたいと思っています。

みなさんもお身体に気をつけて、毎日元気に過ごしてくださいね(*’ω’*)☆彡

カテゴリー:精神科訪問看護 
ページの上へ移動